非常用発電機の負荷試験|大阪、関西エリア|株式会社レオン

関西・近畿地方(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、三重県)の非常用発電機負荷試験は、一般社団法人消防管理協会加盟店の株式会社レオンにお任せください。

06-6776-7175 月~金 10:00~18:00(土日・祝休み)

消防法では、負荷運転が義務付けられております。 法改正により非常用発電機の点検方法が
改正されました。

設備の点検不足による二次災害は 施設責任!

法令により非常用自家発電設備の管理者には消火活動に必要なスプリンクラー設備や消火栓ポンプを動かす為の最低30%以上の出力確認点検が義務付けられています。

日本の非常用発電機の97%はディーゼル発電機。

東日本大震災の時にその多くの発電機が、整備不良により約70%近くの発電機が稼働しませんでした。整備不良に起因するものという結果が出ています。

この結果を契機に平成24年6月27日から「消防法44条」が改正され、年に1回の負荷試験が義務化され、負荷試験を実施しない場合は消防法の点検基準で定められている【負荷試験】項目の法令違反となり、事故が起きた際に法令により罰せられるようになりました。

総務省消防庁
自家発電設備点検の改正に関するリーフレット[PDF]
東日本大震災での非常用発電機の不具合における点検・設備不良の割合
対象施設 PC対象施設 SP
非常用発電設備は定期的に点検し消防署長等へ報告する必要があります。
法令による罰則等
電気事業法
経済産業省
技術基準に適合していないと認められる発電設備の設置者
(電気事業法第40条)
技術基準への適合命令又は使用制限
建築基準法
※国土交通省
検査報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(建築基準法第101条)
100万円以下の罰金
消防法
※総務省
点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(消防法第44条11号)
30万円以下の罰金又は拘留

負荷試験とは?

非常用発電機の負荷試験には、疑似負荷試験と実負荷試験の二種類があります。
従来は実負荷試験が主流でしたが、非常時に電力を供給する設備試験の際、実際にスプリンクラーや消火栓などの消防機器を稼働させるため施設を停電させる必要がありました。
また、多人数の対応が必要なためコスト高になってしまいます。しかし、疑似負荷試験では乾式ヒーター式の疑似負荷試験機を使うため施設を停電させる事なく安心して大幅なコストダウンで負荷試験を行う事が出来ます。

そのため、病院、介護施設、宿泊施設、大型スーパーなど停電の出来ない施設では、実負荷試験のデメリットを改善した疑似負荷試験を行うのが現在の主流となっています。

負荷試験を詳しく知る
いざという時に非常用発電設備は起動・発電できますか?まずはお気軽に
ご相談・お申し込みください
お急ぎの方はお電話にてどうぞ

06-6776-7175

対応エリア(関西・近畿地方)

大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県三重県については出張料や交通費は無料で承ります。